ホーム

財団概要

財団規程

事業計画・予算

事業報告・収支決算

受賞者等一覧

研究助成申請要項

職員募集

公益財団法人
整形災害外科学
研究助成財団事務局

〒173-0037
東京都板橋区小茂根1-1-8
向原フラット415

03-5966-9550

03-5966-9570

info@jotf.jp

わが国の整形外科学研究の向上発展と人類の福祉に寄与するために

研究助成申請要項

2015.6.10

平成27年度 研究助成申請要項


1.研究助成の趣旨
整形災害外科学の有意義な研究に対し助成を行い、わが国の医学研究の向上発展と人類の福祉に寄与することを目的としています。


2.研究助成の対象
(1) 整形災害外科学の「基礎的研究」と「臨床的研究」とします。
現に研究開発途上にあるか、または研究方法が確定して、研究着手の段階にあり、研究開発の成果が2~3年以内に期待されるものとします(第6項参照)。
(2) 申請時に「基礎的研究」と「臨床的研究」のどちらかで審査を希望するか選択し、その際、組織学、生体力学、生理学、生化学あるいは分子生物学的手法を用い、これが主体を成している研究は基礎研究とします。ただし、選考委員会の判断で変更する場合もあります。

(3) 同一施設からの申請は「基礎的研究」2件、「臨床的研究」2件までとします。


3.研究助成の内容
(1) 研究助成額及び採択件数
   1件 1,000,000 円×21件(総額21, 000,000 円 )
「基礎的研究」14件、「臨床的研究」7件を採択します。
(2) 研究助成対象研究及び研究者

  1) 研究代表者(申請者)は申請時に満40歳以下であり実際に研究を行っている者とします。
  2) 個人研究であるか、グループ研究であるかは問いません。
  3) グループ研究における共同研究者の年齢制限はありませんが、共同研究者の大多数が整形外科医であることとします。
  4) 一般病院・個人施設など公的研究費に恵まれない機関からの申請を奨励します。
  5) 過去に本研究助成金を受領した者が研究代表者とし再度申請することは不可とします。
  6) 当該年度に同じ研究の内容で他の団体の研究助成に応募している場合は、その旨を記載して下さい。他の受賞があった場合は、こちらの受賞を不可とします。
  7) 同一施設からの受賞者は2名までとします。  

(3) 研究助成金の使途
研究目的を達成するために必要な費用に限りますが、特に費目の制限はありません。


4.申請方法
(1) 「申請書」は、 財団HP(http://jotf.jp/)よりダウンロード願います。
(2) 申請者は、 申請書に所定の事項を記入のうえ、締切日までに財団事務局あて1部を提出してください。 (注)申請書は様式どおり5頁以内に治めてください。
(3) 申請期間は、平成27年8月1日から平成27年9月30日まで(期日厳守・当日消印有効)です。


5.選考方法
当財団の選考委員会の議を経て、理事会で最終決定します。


6.選考の基準
(1) 一応の基礎的な研究成果を達成しており、この研究助成により、更に進展が予想できることを選考の基準とします。既に研究が完成しているもの、またはこれから新しく開始しようとする未知な研究課題は採択しません。
(2) 一度申請して選考に漏れたものも新たな研究段階を記載して再申請することは差し支えありません。


7.選考結果の通知
選考結果は平成28年2月下旬までに申請者に対して文書により通知します。


8.研究助成金受領者の義務
(1) 研究助成金受領者は、財団との間に覚書を交換し、これに基づいて研究を実施するものとし、研究完了時に「研究完了報告書」及び「収支報告書」を提出していただきます。
(2) 研究助成金受領者は、2年以内に研究を完了し、研究完了後1年以内にその研究成果を国際整形災害外科学会 (SICOT) の official journal である
International Orthopaedics 又は Journal of Bone and Joint Surgery;
日整会英文誌 Journal of Orthopaedic Science;Journal of Orthopaedic
Research; Acta Orthopaedica Scandinavica; Archives of Orthopaedic & Trauma Surgery あるいはその他の国際的権威のある雑誌に掲載していただきます。
(3) 研究助成金受領者は、その成果の発表論文に下記のように助成番号を付記していただきます。
(和文)(公財)整形災害外科学研究助成財団 助成番号○○○○番
(英文) Grant of Japan Orthopaedics and Traumatology Research Foundation, Inc. No.○○○


9.研究助成金の贈呈
第89回日本整形外科学会学術総会前日に開催される本財団会員総会において贈呈式を行います。


10.申請書送付先ならびに問い合わせ
〒173-0037
東京都板橋区小茂根1-1-8 向原フラット415
公益財団法人 整形災害外科学研究助成財団事務局
電話 03-5966-9550
FAX  03-5966-9570
(財団の勤務日は、月・火・木・金曜日で、勤務時間は10時~17時です。)

(註)提出された申請書類等は返却いたしません。

 

※平成26年度より、2.研究助成の対象に(3)の条件が加わりましたので留意願います。なお、大学と大学関連病院、機関は同一施設ではなく、それぞれ別施設とします。

 

平成27年度研究助成申請書様式

 

研究成果報告書・収支報告書様式

 

研究助成金の収支等に関する留意点

 

 

2015.6.10

平成28年度 アジア地域の研究者招聘助成申請要項

 

1.招聘助成の目的
アジア地域より整形災害外科学を専門とする医師・研究者(被招聘者)を招聘する際の経費の一部を助成し、国内の医師・研究者の国際学術交流を支援することを目的としています。


2.申請者の条件
(1) 申請者(招聘者)は、我が国の大学・研究所等学術研究機関(以下「研究機関」という)に所属する常勤の整形災害外科学の医師・研究者とします。


3.招聘期間・助成額・助成件数
(1) 招聘期間は、第89回日本整形外科学会学術総会(平成28年5月12日~5月15日・横浜市)の開催期間に、その前ないし後の1週間を加えた期間とします。
(2) 助成額は被招聘者1名あたり20万円で、助成件数は5件以内とします。
(3) 申請者1名につき、2名までの招聘に対して助成を受けることができます。


4.被招聘者

被招聘者は、アジアのいずれかの国の国民であって、平成28年4月1日現在で満40歳未満であり、同国において整災害外科学の研究・臨床活動に従事する医師・研究者とします。


5.招聘の条件
被招聘者は、招聘期間中に次の2つの条件を満たさねばなりません。
(1) 日本整形外科学会学術総会に参加する。
(2) 招聘者の所属する研究機関において研究交流を行う。


6.申請期間
平成27年8月1日~平成27年9月30日


7.申請方法
(1) 招聘者は、被招聘者に招聘の条件を呈示し、承諾を得た上で申請することとします。
(2) 他の財団等から既に助成を受けているか、または受ける予定の者を被招聘者として、申請することはできません。
(3) 被招聘者ごとに所定の申請用紙(http://jotf.jp/ よりダウンロード可能)に必要事項を記載し、被招聘者のCurriculum Vitae(A4 サイズ)とともに締切日までに本財団事務局あて一部送付してください(期日厳守・当日消印有効)。


8.選考方法
当財団の選考委員会の議を経て、理事会で最終決定します。

 

9.選考結果の通知

選考結果は平成28年2月下旬までに申請者に対して文書により通知します。
(採否の事由は開示しません)

 

10.研究者の招聘が中止になった場合の取り扱い

助成を辞退していただくことになります。

 

11.招聘助成受領者の義務

助成受領者には、招聘終了後速やかに招聘の成果についての報告書を本財団事務局あて提出していただきます。

 

12.個人情報保護に関する事項

(1) 当財団が本助成に関して取得する個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき厳重に管理し、選考作業や助成の可否など本助成に関する業務に必要な範囲に限定して取り扱います。
(2) 助成が決定した場合、当財団は助成に関する情報を当財団ホームページ上に一般公開します。
(3) 提出された申請書類等は採否に関わらず一切返却いたしません。

 

13.申請書送付先ならびに問い合わせ
〒173-0037
東京都板橋区小茂根1-1-8 向原フラット415
財団法人 整形災害外科学研究助成財団事務局
電話 03-5966-9550
FAX  03-5966-9570
(財団の勤務日は、月・火・木・金曜日で、勤務時間は10時~17時です。)

 

平成28年度アジア地域の研究者招聘助成申請書様式

 

アジア地域の研究者招聘助成実績報告書・支出内訳書様式

 

 

このページのトップへ